ブログ
響×未来

名月

深い闇にぽっかりと浮かぶ月はまるでそこだけ空間が異なるように輝いている。 その月の周囲にある筈の星々 …

続きを読む
響×未来

保護中: 着信(響の誕生日SS)夜の部(R-18)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む
響×未来

着信(響の誕生日SS)

かちりこちりと時計の針が秒針を刻む。 いつもなら、おやすみと言ってベッドに潜っている時間だが今日だけ …

続きを読む
響×未来

かぷかぷ

時計の針がカチリと12時を回った。 日付が無言で一日進む。 曜日も変わった本日は日曜日。 前日は遅く …

続きを読む
響×未来

衣替え

風から湿気が抜け落ち、冷たさを感じるようになると、虫の音にも変化が訪れる。 騒がしく震わせるような鳴 …

続きを読む
響×未来

保護中: なんかちと昏いもの(R-18)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む
はやて×ヴィヴィオ

からくり (はやヴィヴィ)

台所のオーブンから香るのは食欲をそそる肉の焼ける匂い。 テーブルにはもうサラダが作られており、白い白 …

続きを読む
響×未来

保護中: ただ書きたかった(R-18)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

続きを読む
響×未来

手相

響がそれを見たのは、偶々着けたテレビだった。 見たいドラマを見終わって、チャンネルを端から変えたら何 …

続きを読む
響×未来

恋文

突き抜けるような青空とぽっかりと浮かぶ白い雲。 ゆっくりと流れていく様はまるで止まっているような錯覚 …

続きを読む
響×未来

実家

「ただいまー」 元気な声とともに開いた扉に、慌てた様子で未来は出迎えた。 「お帰り、響」 「ただいま …

続きを読む
響×未来

散歩

春うらら。 風が舞い、花が笑い、空が伸びる、柔らかい季節がやってきた。 人々は厚手のコートを脱ぎ、薄 …

続きを読む
響×未来

写真

寒々とした薄さから温かみのある強さに日差しが移り変わる季節。 広い敷地をぐるりと囲む木々には新しい生 …

続きを読む
響×未来

White Day

立花響は悩んでいた。 眉を眉間に寄らせて目の前の数冊の雑誌を睨むように眺めている。 雑誌はどれも女子 …

続きを読む
響×未来

虹色

フロンティア事変が終決して、学園に復帰したシンフォギア装者達は長閑な日々を過ごしていた。 ノイズも現 …

続きを読む
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.